missyonnbare.jpg


今回のミッションバレーのラウンドでは90台でなんとかギリギリ回ることができました。

ラウンドする回数も年に数回となり、ラウンド後に反省する(思い返す)こともなくなっていました。

これでは、ゴルフは上手くなりません。(向上心が昔に比べ薄れているのもありますが…)

しかし、今回、アクションカメラとともにラウンドし、家に戻って自分のスイング動画を見て気づきました。

上手くなるコツは、これかも知れない!!

ゴルフをして、数十年たちますが、カメラのおかげで新たな気づきを得るとができました。

ナイスショットした時のスイングを見たり、ミスショットをした時のスイングを客観視することでダメなところがハッキリとします。

この時は、タイミング悪かった。

この時は、グリップの形がいつもと違った。

この時は、ボールに近づきすぎた。

無駄な力が入り、体重移動が出来ていない。

ラウンド後に、それぞれのコースで自分がどうボールを打ったかも自分の記憶ではほぼありません。

しかし、後で映像で見られるので、どんなレッスンよりためになります。

今回のラウンドでの一番の反省は、ショートパットでした。

なんで、50cmのパットをを何度も外すか・・・。

Youtubeにショートパットが上手くなるのコツを紹介している動画がたくさん出ているので勉強しています。

Youtubeは無料で、これだけの知識を得ることができるのはありがたいです。

成果が出そうなコツは、みんなに紹介したいですね。

ちなみにAmazonで購入したアクションカメラは、すべてのショットを撮影するなら最低でもバッテリー4つ入ります。(1つの商品にバッテリーは2個しか入っていません)

フル充電の4つバッテリーでで18ホールもつか、もたないか、ギリギリでした。(最後のホールの途中で終了!)

あと、ミニ三脚は別途だと思います。

今、動画の編集を勉強しているので、公開するまでは時間が掛かりそうです。

今回、アマゾンで購入したアクションカメラですが、結構モデルチェンジが多くおこなわれているみたいです。価格も幅があるのでご自分の好きなものでも良いかと思います。

私が頼んだCrosstourアクションカメラ 4K (9000円台)は、一台目は本体横のボタンが不良品で、メーカーにクレームを出したら新品が送られてきました。ある意味、そのおかげでバッテリーが4つになりました。


4人でラウンドする時、下手すぎる人は撮影はやめておきましょう。後ろの組が迷惑すると思います。
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加